top of page
Search

A difference between “Knowing God” and “Something that feels god-like”

Updated: Mar 4, 2022


Japanese for Missionaries の西本です。今回も、よろしくお願いいたします。

This is Nishimoto from Japaneseformissionaries.com

Thank you for watching again.

今日は、「神様を知る」ということと、「神様らしきものを感じる」ということについて少しお話ししたいと思います。

Today, I would like to talk about "knowing God" and "feeling something that looks like god".

福音を伝えてもらいながらも、わたしは長い間、神様のことを拒否していました。

For a long time, I rejected God, even though I was told the gospel.

神様を知りたいとは思いませんでした。

I didn't want to know God.

当時、神様は、人格を持っておられて、わたしとの個人的な係りを求めておられるということは、全く知りませんでした。

At the time, I had no idea that God is a personal entity, and that He wants a personal relationship with me.

いわゆるシントイズムの影響のなかで成長したわたしは、日本人独特の神概念を持っていたように思います。

Growing up under the influence of Shintoism, I think I had a unique Japanese concept of God.

ですから、神様を知るというよりも、神様らしき存在を漠然と感じるということで、満足していたのだと思います。

So, rather than knowing God, I think I was satisfied with a vague sense of a god-like existence.

もちろん、それは、神様らしき存在であって、決して本当の神様ではありません。

Of course, it is a god-like being, but not the real God.

このように、神様らしきもの、あるいは何か厳かな気配を感じるということが、おそらく私たち日本人が非常に興味のあることではないかと思います。

This kind of the feeling of god-like presence or something solemn, is probably something that we Japanese are very interested in.

昔から、日本にはいろんな神々があって、その土地を守ってくださる、いわゆる氏神様、

Since ancient times, there have been various gods in Japan, such as the so-called Ujigami, who protect the land.

あるいは稲作を中心にしてきた日本では、水、または光のもとなる太陽など、様々なものの中に、霊を感じて、そしてそれらを神々として拝んできました。

In Japan, where rice cultivation has been the mainstay, people have felt spirits in various things, such as water and the sun, which is the source of light, and have worshipped them as gods.

今日も、神社に行ったときには、手を合わせて拝みます。

Today, when we go to a shrine, we put our hands together and worship.

そして、祈ってもらいます。その時には非常に厳かなものを感じます。

Then we ask them to pray for us. At that time, we feel something very solemn.

この厳かさを感じるということが、日本人にとっては非常に重要な部分ではないかと思います。

I think that this feeling of solemnity is very important for Japanese people.

また、神道とは異なりますが、座禅を組んだときに感じる厳かさも、同様のものだと思います。

Also, although it is different from Shintoism, I think the solemnity you feel when you do Zen meditation is the same.

わたしは、大学時代にずっと少林寺拳法をやっていました。それは、神道ではありません。

I used to do Shorinji Kempo all through my college years. It is not a Shinto religion.

少林寺拳法は、金剛禅と呼ばれる宗教のひとつです。

Shorinji Kempo is a part of a religion called KongouZen.

その教えの中心は、ダーマを信じることから始まります。

The core of its teachings begins with the belief in Dharma.

ダーマとは、宇宙の“最高の真理・法則”のことですが、人格的な存在ではありません。

Dharma is the "supreme truth and law" of the universe, but it is not a personal entity.

そのダーマを意識しながら、少林寺拳法の練習のはじめに「鎮魂」を行ないます。

With this Dharma in mind, we perform "Chinkon" at the beginning of Shorinji Kempo practice.

「鎮魂」とは、魂を鎮めるという意味で、広い板間に座禅をすることで、魂を鎮めるという行ないです。

The word "Chinkon" means to calm the soul, and the practice is to calm the soul by doing Zazen in a large wooden room.

その座禅の時間は、非日常の感覚があって、非常に何か厳かなものを感じました。

The Zazen time gave me an unusual feeling, and I felt something very austere.

少林寺拳法では、魂と肉体の修養によって自分の霊性を高めることができると教えていましたが、当時、わたしは、この教えが気に入っていました。

Shorinji Kempo teaches that one can improve one's spirituality by cultivating one's soul and body, and at the time I liked this teaching.

自分の魂と肉体を整えていけば、わたしは、どんな困難も克服できると考えていました。

I thought that if I trained my soul and body, I would be able to overcome any difficulties.

しかしながら、大学を卒業して念願の会社に就職したのち、わたしは、その会社の上司との関係に行き詰りを覚えて、

However, after graduating from college and getting a job at a company that I had always wanted, I felt stuck in a relationship with my boss at the company

また同時に劣等感に陥って、毎日毎日が本当に苦しくたまりませんでした。

and at the same time I had feelings of inferiority, and every day I felt stressed and mentally distressed.

わたしにとっては、はじめての経験でした。

For me, it was my first experience.

その時、何回も聞いていた福音のことを思い出しながら、教会に行きました。

At that time, I went to the church, remembering the gospel I had heard many times.

メッセージの内容は、あまりよく覚えていません。 

I don't remember the content of the message very well. 

でも、その時に初めて祈りました。

But that was the first time I prayed.

「神様、本当におられるんでしたら、助けてください!」 

"If there really is a God, please help me!”

「もし、本当の神様がおられるんでしたら、この苦しみからわたしを解放してください!と祈りました。

I prayed, "If there really is a God, free me from this suffering!” 

これが、わたしにとって、初めての祈りでした。

This was the first time I had ever prayed.

そして、そんな祈りに神様は答えてくださいました。

And God answered my prayer.

わたしのこころの内に今までとは違う、「あ、誰かいる」、まあ変な表現ですが、確かに誰かに支えられている、ということがわかりました。

I realized that there was a different kind of support in my heart, that there was someone there, well, that's a strange expression, but there was definitely someone supporting me.

そして、わたしの内側が変わってきました。

And my inner self started to change.

新しい人生がスタートしたわけです。

A new life has started.

ただ、本当の意味では、罪について、死について、それらの問題について、まだはっきり分かっていたわけではありません。

However, in a real sense, I still didn't have a clear understanding of sin, death, or any of those issues.

でも、神様に全く関心のなかったこのわたしが、本当の神様を知りたいと思ったことは、非常に大きな出来事でした。

But it was an invaluable experience for me, who had no interest in God at all, to want to know the real God.

そのときから、ずっと聞いていたイエス様の十字架のことが、はっきりと分かってきました。

From that moment on, I began to understand more clearly what I had been hearing about the cross of Jesus.

神様が取り扱おうとされているのは、わたしの罪の問題と死の問題と永遠のいのちの問題であるということが分かってきました。

I began to understand that what God wanted to deal with was the problem of my sin, the problem of death, and the problem of eternal life.

八百万の諸々の神々に、厳かなものを感じることはありましたし、また、少林寺拳法の座禅のときに感じた厳かさも、確かにわたしの支えにはなりましたけれども、

I felt the solemnity of the eight million gods, and I felt something solemn during Shorinji Kempo Zazen. These experiences seemed to help me.

わたしのいのち、罪、そして永遠ということに関しては、こころに迫ってくるものはありませんでした。

However, these experiences did not touch my heart when it came to my life, sin, and eternity.

唯一真の神様は、このわたしが神様に対してどんな意見を持っているのか、神がいるとかいないとか、また神がいるなら何故正しい人に災いが降りかかるのか、など、神様はそのようなわたしの意見に関心がおありになるのではありません。

The one true God is not interested in my opinion of Him, whether there is a God or not, or if there is a God, why plagues fall on the righteous.

わたしのいのち、わたしの存在、そしてあなたの存在そのものに、神様は最大の関心を持っておられます。

God is most interested in my life, my existence, and your very existence.

ですから、わたしたちの唯一の神様は、わたしたちの罪について、死について、永遠について、わたしたちのこころの奥深くまで迫ってきます。

Therefore, our one and only God is deeply concerned about our sin, our death, and our eternity.

何故なら、答えを持っておられるからですね。

This is because He has the answers.

こころに迫ってはくるけれども、答えをくれない、そんな神様じゃありません。

He is not a God who comes to our heart but does not give us answers.

天の父なる神様は、その独り子イエス様をこの地に遣わし、わたしたちの罪の問題、死の問題を解決してくださいました。

God the Father in heaven sent His only Son, Jesus, to this earth to solve our problems of sin and death.

イエス様を信じることによって、罪を赦し、きよめ、永遠のいのちをわたしたちに与えてくださいました。

By believing in Him, He forgave our sins, cleansed us, and gave us eternal life.

「あなたは、この神様を知っていますか?」という質問になんと答えられるかが、わたしたちの人生で最も大切なことです。

How we will answer the question, "Do you know this God?”is most important in our lives.

そして、もしまだ神様を知らないのでしたら、「あなたは、この神様を知りたいですか?」という質問になんと答えるかが、わたしたちの人生で最も大切なことです。

And if we don't know God yet, how we will answer the question, "Do you want to get to know this God?”is also most important in our lives.

神様らしきものを感じること、あるいはなにか厳かなものを感じることだけでは、わたしたちの人生の根本的な問題が解決されることは決してありません。

Feeling god-like or something solemn is never enough to solve the fundamental problems in our lives.

「心の貧しい者は幸いです。天の御国は その人たちのものだからです。」と聖書のマタイ5章3節で言っています。

The Bible in Matthew 5:3 says,“Blessed are the poor in spirit, for theirs is the kingdom of heaven.”

心の貧しい者って、どんな人でしょうか?

What kind of person is poor in spirit?

お金のことで満足していない人でしょうか?

Is it someone who is not satisfied with money?

体調のことで満足していない人でしょうか?

Is it someone who is not satisfied with their physical condition?

あるいは、自分がどう扱われるかについて満足していない人ですか?

Or is it someone who is not satisfied with how they are treated?

あなたは、なにについて最も満足していないのですか?

What are you most dissatisfied about?

あなたは、何について、もっとも飢え渇いていますか?

What do you hunger and thirst for the most?

もし、自分の霊の部分で、最も渇きを覚えているなら、その人は幸いです。

If you are most thirsty in the spiritual part of yourself, then you are blessed.

何故なら、霊の部分に渇きを覚えている人は、「神様を知りたい」と純粋に求めるからです。

This is because those who are thirsty in the spiritual area genuinely seek to know God.

あなたの身近にいる方で、福音を伝えたい人がいますか?

Is there someone close to you who you would like to share the gospel with?

まずこのように訊いてみてください。

Ask them this question.

「もしわたしが信じている神様がおられるなら、あなたはその方を知りたいですか?」

"If there is a God I believe in, would you like to get to know Him?"

「あなたはその方を知りたいですか?」

"Would you like to get to know Him?"

「助けてもらいたいと思いますか?」という質問です。

"Would you like to be helped?" That's the question.

はじめのうちは、わたしのように拒否するかもしれません。

At first, they may reject it, as I did.

しかし、あるタイミングで、その質問に対して、「はい、あなたが信じている神様がおられるなら、わたしは知りたいです。助けて欲しいです。」という瞬間がでてくるかもしれません。

But at some point, they will be able to answer the question, "Yes, if there is a God you believe in, I want to get to know Him. I need His help."

わたしたちにできるのは、時がよくても悪くても、この全能の神様を、神様というお方を、知識じゃありません、神様についての知識ではなくて、神様ご自身をお伝えするということです。

What we can do, whether the time is good or bad, is to tell people not a knowledge about God, but God Himself.

神様について知っているということと、神様ご自身を知っているということは全く違うことです。 

Knowing about God and knowing God Himself are two very different things. 

また、神様について伝えるということと、神様ご自身を伝えるということも全く違うことです。

There is also a difference between telling people a knowledge about God, and telling them God Himself.

一人ひとりの今置かれている状況のなかで、神様ご自身を身近な人にお伝えする、そのような者でありたいと思います。

I would like to be the kind of person who tells God Himself to those close to us in the situation that each of us is in right now.

今日はここまで。Japanese for Missionaries 西本でした。

That's all for today, this is Nishimoto from Japanese for Missionaries.com

91 views0 comments

Comments


Book Your Online Japanese Lesson Today

Hello, I am Yasu. I am a former Japanese Pastor and Preacher in Japan. My ministry is to train missionaries in the Japanese language and culture. I would love to help prepare you to reach Japan for Christ!

IMG_7800-removebg-preview.png
bottom of page