top of page
Search

“Who is the 'Kyooso (Founder) ' of Christianity?”


Japanese for Missionaries の西本です。今回も、よろしくお願いいたします。

This is Nishimoto from Japanese for Missionaries.com. Thank you for watching again.

今日は、「キリスト教の教祖は誰ですか?」というテーマで少しお話ししたいと思います。

Today I would like to talk a little on the subject of "Who is the 'Kyooso (Founder) ' of Christianity?”

「キリスト教の教祖は誰ですか?」と質問される方がよくいます。

People in Japan often ask the question, "Who is the 'Kyooso (Founder) ' of Christianity?”

日本では、宗教の話をするときに「教祖」という言葉がよくでてきます。

The word 'Kyooso (Founder) ' is often used when talking about religion.

別の言い方をすれば、「キリスト教の教えをはじめて説いた人は誰ですか?」 という意味です。

In other words, "Who is the first person to preach the teachings of Christianity?

実は、この質問の中に、キリスト教に対する日本人の抱いているイメージが見て取れます。

In this question, we can see the image that Japanese people have of Christianity.

では、日本人の抱いているイメージの2つのポイントを見ていきましょう。

Let us look at two points of the image held by the Japanese.

まず一つ目のポイントは、キリスト教の中心は、「教え」であるというのが、日本人の持っているイメージです。

The first point is that the image held by the Japanese is that the core of Christianity is 'teaching'.

教えはとても重要です。

Teaching is very important.

真理からズレた教えは、人々をズレた方向に導いてしまします。

Teachings that deviate from the truth can lead people in the wrong direction.

ですので、教会でも教えを重要視しています。

That is why the Church also attaches great importance to teaching.

しかしながら、キリスト教の中心は、本当は「教え」ではなくて、「キリストご自身」です。

However, the heart of Christianity is not really 'teaching' but 'Christ Himself'.

聖書は、救い主イエスキリストについて書かれています。

The Bible is about our Savior Jesus Christ.

イエスキリストご自身がわたしたちを救ってくださいます。

Jesus Christ Himself saves us.

「教え」が、わたしたちを救うわけではありません。

Teachings do not save us.

さてここで、みなさんに「キリスト教」という言葉に注目していただきたいと思います。

Now I would like to draw your attention to the word 'Kirisuto-kyoo'.

「キリスト教」を文字通りに英語に訳すと「Christ teaching」となります。

The literal English translation of 'Kirisuto-kyoo' is 'Christ teaching'.

英語の「Christianity」と随分ニュアンスが違いますよね。

It has a very different nuance from the English word 'Christianity', doesn't it?

19世紀末頃から、Christianityという英語の日本語訳として「キリスト教」と呼ばれるようになったと言われています。

It is said that since the end of the 19th century, the term 'Kirisuto-kyoo' has been used as a Japanese translation of the English word 'Christianity'.

そして、churchは「教会」、missionは「宣教」、martyrは「殉教者」、religionは「宗教」という訳語が当てられ、日本語として定着するようになりました。

‘Church’ was translated as 'Kyookai', ‘Mission’ as ‘Senkyoo’, ‘Martyr’ as ‘Jyunkyoosha’, and ‘Religion’ as ‘Shuukyoo’, and the word came to be established as Japanese.

つまり、近代化に焦っていた当時の日本人にとって、キリスト教は国を開化・発展させるための手段であるとの意識が強かったようです。

In other words, the Japanese of the time, who were in a hurry to modernize, had a strong sense that Christianity was a means of opening up and developing the country.

当時の日本人が求めていたのは、日本を開化し発展させるための現実的な「教え」であったのかもしれません。

What the Japanese of the time may have been looking for was a practical 'teaching' to open up and develop Japan.

そのような背景から、あらゆる日本語訳に「教」という字が使われているのだろうと思われます。

It is against this background that 'kyoo (=teaching)' is probably used in all Japanese translations.

多くの日本人は、教会というところをどんな場所としてイメージしているでしょうか?

What kind of place do most Japanese imagine a church to be?

「教会」という日本語が意味するところは、「教えを受ける場所」ということです。

The Japanese word 'church' means 'a place of teaching'.

聖書の「教え」を聞いて、「教え」を学んで悟りを得て、「教え」をもとに修行して、「教え」どおりの善良で清い人間になる場所だと、

イメージしている日本人は少なからずいます。

Not a few Japanese have the image of the church as a place where they listen to the 'teachings' of the Bible, study 'teachings' to gain enlightenment, train themselves based on the 'teachings' and become good and pure people according to the 'teachings'.

ですから、キリスト教という宗教の「教え」をはじめて説いた人は誰ですか?という質問を多くの日本人がするわけです。

For these reasons, many Japanese ask the following questions. “Who is the first person to preach the 'teachings' of this religion?”

そのような質問をされたとき、わたしは次のように答えています。

When asked such a question, I answer as follows.

『聖書の教えはとても重要です。

Biblical teaching is very important.

何故かといえば、その教えが、わたしたちを救い主イエスとの出会いに至らせるからです。

The reason is that its teachings bring us to an encounter with Jesus the Saviour.

イエス様の救いを体験して、父なる神様と直接的な係りを持てるようになるための「教え」です。

The biblical 'teachings' are to enable us to experience Jesus' salvation and to have a direct relationship with God the Father.

教会は、「教え」を勉強して悟りを得て、修行してその「教え」を身につける場所ではありません。

The church is not a place where you study 'teachings' to gain enlightenment and acquire those 'teachings' through practice.

教会は、聖書のことばを通して、イエス様との個人的な出会いを体験できる場所です。』と、このようにお話ししています。

The church is a place where you can experience a personal encounter with Jesus through the words of the Bible.”

キリスト教の中心は、「教え」ではなく、今も生きて働いておられる「キリストご自身」であるということを日本の人々に明確にしていくことが重要だと思います。

I think it is important to make it clear to the people of Japan that the center of Christianity is not the 'teachings' but Christ Himself, who is still living and working.


さて、二つ目のポイントは、キリスト教は宗教のひとつであるいうのが、日本人の持っているイメージです。

The second point is that the Japanese have the image of Christianity as a religion.

一つ目のポイントは、キリスト教の中心は、「教え」であるというイメージでしたが、二つ目のポイントも一つ目と深く関連しています。

The first point was the image that the heart of Christianity is the 'teaching', but the second point is also closely related to the first.

「キリスト教の教祖は誰ですか?」と多くの日本人が質問する理由は、「キリスト教を始めたのは人間である」という考えがあるからです。

"Who is the 'Kyooso (Founder) ' of Christianity?”

The reason why many Japanese ask this question is because of the idea that it was man who started Christianity.

人間が下から上に向かって神様の領域にまで達しようとするのが宗教です。

Religion is about man trying to reach God's domain from the bottom up.

すなわち、自分の努力や悟りで神様に認めてもらおうとするのが宗教です。

In other words, it is religion that tries to gain God's approval through its own efforts and realization.

日本人の多くが、キリスト教を宗教のひとつであると捉えています。

Many Japanese see Christianity as a religion.

しかしながら、宗教が、下から上に向かっていく方向性であるのに対し、キリスト教は、神様が上から下に向かって、わたしたちのところに降りてこられたという方向性です。

However, whereas religion is oriented from the bottom up, Christianity is oriented towards God coming down to us from the top down.

わたしたち人間を愛するあまり、天の位を捨てて地に下ってこられたのが、イエスキリストです。

It is Jesus Christ who, out of love for us human beings, left his heavenly throne and came down to earth.

日本の人たちに強調したいことは、神様ご自身が救いを計画し、救いを実行に移されたという点です。

What I want to emphasize to the Japanese people is that God Himself planned salvation and put salvation into action.

キリスト教の救いは神様ご自身からスタートしたということです。

Christian salvation started with God Himself.

イエスキリストという人物が、キリスト教を始めた教祖であると思っている人たちが日本にはたくさんいます。

There are many people in Japan who think that Jesus Christ is a man who started Christianity.

イエス様は、完全な人間としてこの地上にわたしたちと同じ肉体をもってお生まれになったというのは大切な真理です。

It is an important truth that Jesus was born as a perfect human being on earth in a body like ours.

ですが、同時に、イエス様は天から下って来られた神であるというのが、キリスト教の中心にあるとても大事な真理です。

But at the same time, it is a very important truth at the heart of Christianity that Jesus is God who came down from heaven.

父なる神が救いを計画され、独り子なる神イエスが、父と聖霊と伴にその救いの計画を実行に移されたのです。

God the Father planned salvation, and Jesus, God the only Son, together with the Father and the Holy Spirit, put that plan of salvation into effect.

救いは神から発して、神が完成されますから、日本人の考えている宗教とは明らかに異なります。

Salvation originates from God and is completed by God, so it is clearly different from the Japanese idea of religion.

ですから、日本人が考えているように、人間イエスが、キリスト教をスタートさせたわけではありません。

Therefore, the human Jesus did not start Christianity, as the Japanese think.

教祖イコール人間ですから、キリスト教に教祖はいないんですね。

The 'Kyooso (Founder) ' is a human being, so there is no 'Kyooso’ in Christianity.

ですから、「キリスト教の教祖は誰ですか?」と質問されたときにわたしは、次のように答えています。

When people ask me, "Who is the founder of Christianity?" I answer as follows.

『キリスト教は、人間が始めたわけではありません。ですから、教祖はいないんです。

“Christianity was not started by man. Therefore, there is no Kyooso (Founder).

神を求めるわたしたちの熱心さが、積み上げられて、その結果として、わたしたちが神の救いをいただけるのではありません。

It is not our eagerness to seek God that builds up and results in our receiving God's salvation.

神様の熱心さゆえに、神がわたしたちのところに救い主として降りてこられたんです。

It is because of God's zeal that He has come down to us as Savior.

イエス様は、教祖ではなく、救い主なんです。』とお答えしています。

Jesus is our Savior, not our Kyooso (Founder) “

「キリスト教は宗教のひとつではありません」と言うと、日本の人たちは、「だからキリスト教は排他的なんだ!」とこころを閉ざすことがよくあります。

When I say that Christianity is not a religion, Japanese people often close their minds and say, "That's why Christianity is exclusive!"

「キリスト教も皆さんが信じているいろんな宗教の一つですよ」と言えば、日本人には受け入れやすいですが、そのような妥協をすると、キリスト教の中心メッセ―ジが無くなってしまい、もはや福音とは言えません。

It is easier for the Japanese to accept if we say, "Christianity is one of the many religions you believe in", but if we make such a compromise, the central message of Christianity is lost and it can no longer be called the gospel.

「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間に与えられていないからです。」(使徒の働き4:12)とペテロは、聖霊に満たされて宣言しましたが、その宣言は今でも同じです。

"Salvation is found in no one else, for there is no other name under heaven given to mankind by which we must be saved." (Acts 4:12), Peter declared, filled with the Holy Spirit, and that declaration still holds true today.

日本人にとって、この宣言は非常に挑戦的で排他的なものとして受け取られますが、「この宣言を愛をもって語る」以外には福音を伝える術はないと思います。

For the Japanese, this declaration is perceived as very challenging and exclusive, but there is no other way to share the gospel than to 'speak this declaration with love'.

「キリスト教の教祖は誰ですか?」という日本人の質問について、今日は見ていきました。

"Who is the 'Kyooso (Founder) ' of Christianity?” Today we looked at this question of the Japanese people.

日本の人たちに、その時々に何をどのように語ればいいのかをご聖霊に教えて頂きながら福音を伝えていきたいと思います。

Let us share the gospel with the people of Japan, asking the Holy Spirit to teach us what to say and how to say it at the right time.

今日はここまで。Japanese for Missionaries 西本でした。

That's all for today, this is Nishimoto from Japanese for Missionaries.com

102 views0 comments

Comentarios


Book Your Online Japanese Lesson Today

Hello, I am Yasu. I am a former Japanese Pastor and Preacher in Japan. My ministry is to train missionaries in the Japanese language and culture. I would love to help prepare you to reach Japan for Christ!

IMG_7800-removebg-preview.png
bottom of page